事業内容より覚え易さを意識したネーミングの会社名

会社が創立後、当初の経営目標に向かって事業を開始して順調な業績を維持していれば、国内の経済状況や会社を取り巻くビジネス環境で激変が起こらない限り事業内容を大幅に変更したり、急激な多角化や事業縮小などをしないものです。従って、創立当初に考え抜いた会社名を敢えて修正するようなことも起こらないはずです。ところが、高度経済成長により事業の業際で新しい事業展開が始まったり、海外企業との競合が増えてきて事業活動のグローバル化が目立ってくると、従来通りの事業で一定の業績を維持していくことが難しくなってくるので、事業内容の見直しを行うようになります。見直し次第では従来のままの社名では周囲から見て不都合な状態になる場合も出てくるので、社名を修正する企業が出てくるわけです。最近、上場企業名を見ると漢字のままでも省略標記やカタカナ表記あるいは英語の略語表記などに修正するケースが多くなっています。このような社名の修正状況をつぶさに見ると、事業内容より周囲が覚えやすくて言いやすいネーミングを意識した修正を行っている傾向が強いようです。

会社のネーミングはとても重要

ネーミングで売り上げが決まるというほどとても大切なものです。それが会社のネーミングとなるとこれからの商売繁盛につなげるためとても悩むものだと思います。登記がされているものは勿論使えませんし、似たようなものを避けたいものです。又どんな商品を取り扱っているのか?会社のイメージに合っているのか等考えるとどんどん難しくなっていくと思います。会社の今後を左右するもので、簡単に決めないでじっくりと考えることが大切です。もしかすると第三者から提案された方がいいものが出来上がることもあります。そこからロゴやキャッチフレーズも必要になる場合、いかに一般的にスムーズにわかって知られていくことが大切な事です。日本語にするか英語にするかいろいろ候補が出てくると思いますが、まずは書き出していくことで客観的に見ることが出来ます。

会社のネーミングは取り扱い商品で考える

ボウと付いている社名があります。この由来としては、紡績関係の事業を行っていることがあります。紡績といいますと、日本において産業が行われるとkに非常に重要になったものです。現在でも重要ではありますが、他の産業に比べると重要性は低下しているかもしれません。新しい産業などに多角化しながらも、当初の思いが込められているのでしょう。会社のネーミングをする時、取扱商品を名前に入れることがあります。紡績をしているならなになに紡績となり、それを略してなんとかボウなどが出てくるのです。多角化の上既に紡績業をしていなくても、その名前が浸透しているなら変更する必要はありません。一方、多角化に伴って変更することもあります。紡績関係から薬品事業に転換しているなら、なになに製薬としたほうがイメージがつきやすくなります。食品を作るなら食品を入れます。